当園のご案内

開園時間

  開園時間 ※長時間利用児の保育時間 ※短時間利用児の保育時間
平日 7:30〜18:30 9:00〜17:00 10:00〜14:00
土曜日 7:30〜18:30 9:00〜17:00
日曜・祝日

年間開園日数

  長時間利用児 短時間利用児
年間開園日数 293日 200日
※長期休暇日 12月29日〜 1月3日 春休み: 3/20〜 4/7
夏休み:7/19〜8/31
冬休み:12/26〜 1/7

給食の提供

■自園給食提供回数(1週間につき)
・幼稚園:5回
・保育園:6回

■個別対応が必要な場合の体制
・かかりつけ医の意見文書が提示されたときは、嘱託医の意見を聴き職員会において必要な
(除去食を提供する。家庭で作って持って来られる場合は、それも可とする。)
・体調不良の子ども等は、自園調理機能を活用する。
(柔らかく煮る。量を加減する。食材を)

■園の食育の計画
・給食の準備から後片付けまで、全員で協力して食事を楽しく感じることができるよう指導する。
・地元産品の食材等を通して、地域の食文化や食に関わる人々の活動への感謝の念や理解を深める。
・水やり等を通して、栽培や収穫への喜びや感動を体感し、自然への恩恵や食を通した季節へ
・食教育カリキュラムに従い実施する。

利用料金

■新制度においては、保育の必要性、保護者の選択により次のように分かれます。
新制度の詳しい説明については、四国中央市こども課ホームページをご参照下さい。
  (子ども・子育て新制度で検索してみてください。)

1号認定の子どもに掛かる費用(満3歳以上、以前の幼稚園のような利用をされる方)
 ・基本保育料:住民票のある自治体により決定
 ・専門保育費:3500円/月
 ・給食費:2500円/月
 ・預かり保育を利用する方は、別途預かり保育料が必要となります。(200円/日)

2号認定の子どもに掛かる費用(満3歳児以上、以前の保育園のような利用をされる方)
 ・基本保育料:住民票のある自治体により決定
 ・専門保育費:3500円/月

3号認定子どもに掛かる費用(0歳から満3歳まで、保護者の就労等により保育を必要とする方)
 ・基本保育料:住民票のある自治体により決定

利用者が徴収されるもの
 ・バス利用料:2000円(利用者のみ)

※その他実費徴収額として、絵本代、お誕生会費等があります。

  四国中央市の基本保育料については、このリンクをご参照下さい


■休業期間特別保育
1号認定子どもさんが、休業期間中に特別保育を利用される場合には、上記保育料のほかに特別保育料が掛かります。
・夏休み特別保育:18000円
・冬休み特別保育:5000円
・春休み特別保育:7000円